2010年の研究業績

2010年の研究業績

  • 意図せざる結果と意図を創り出す意図逆向き因果論の含意

首都大学東京大学院社会科学研究科リサーチ・ペーパー、No.97

本稿では、実践としての戦略論(SAP:strategy as practice)に焦点を当てつつ、意図を創り出す意図と意図せざる結果の関係について、逆向き因果論を援用しつつ考察する。(本稿は、EGOS報告にさいしてアクセプトされたフルペーパー論文を和訳したものである。)

立命館ビジネスジャーナル・vol.4・17-36頁
(PDFファイルは、立命館大学のデータです。http://r-cube.ritsumei.ac.jp/bitstream/10367/997/1/30043588_04_2.pdf

  • (co)How Does the Company Manage It? Analyzing the typology of the Company-Websates for Marketing in Japan

神戸大学大学院経営学研究科ディスカッションペーパー2010・19

The purpose of this study is to explore the structure of web use by Japanese incumbent companies in order to understand what types of company-websites have been built under what types of management models (packaging of Plan, Do and See) , in Japanese industrial society. First, the in-deterministic character of the technology, which gives us a theoretical perspective, is described in the subsequent section. It is followed by our research results that reveal two Japanese incumbents’ typical management models of company-websites for marketing (“Market-type” and “Community-type”) have emerged. Finally, the implications and limitations of our research are explained.

立命館大学イノベーション・マネジメント研究センター・DP、No.7

本稿の目的は、ネット利用に対するメディア・リテラシーとオピニオン・リーダー特性の関係を考察することにある。
本稿で明らかになるのは、ネット上でのコミュニケーション行動を促進すると思われるメディア・リテラシーとオピニオン・リーダー特性の重要性である。さらにいえば、ネット上の情報に対する信頼性の存在が、HP やブログ、さらにはSNS ユーザー間においても異なること、その違いはオピニオン・リーダー特性の高さと関係している可能性が示される。


2010-07-23 | Posted in 研究業績No Comments » 

関連記事