ガチャガチャ、〇〇に置いたら売り上げ3倍超え!?

こんにちは。3年の平松です。

皆さんは、小学生時代「ガチャガチャ」(カプセル自販機)にハマった時期はありましたか?

今回は、そんな幼児〜おとなまで幅広い世代に愛される「ガチャガチャ」について、タカラトミーアーツが新たに展開している〇〇への設置について取り上げたいと思います!

タカラトミーのグループ会社であるタカラトミーアーツが、2016年7月頃新たにターゲットとして注目したのは、日本を訪れた「外国人旅行客」です。

もう皆さんお気づきでしょうか?通常の売り場より約3〜5倍の売り上げを毎月達成しているガチャガチャの設置場所とは?答えは、  空港 です。

ではなぜ空港なのかと言うと…海外旅行へ行ったことのある方は経験したことがあると思います。帰国の際、余ってしまった海外の小銭、お札と違って両替できない場合も多く、どうやって使い切ろうか迷いますよね。なんと使われないまま海外に持ち帰られる額は、年間で200億円以上という金額になっているらしく、1人平均で900円くらい持ち帰っているということになるのです。タカラトミーは、そのような自国に持ち帰っても使い物にならない余った小銭を新たなビジネスチャンスとしてマーケットとなると捉え、空港への設置を始めたようです。

毎月、通常の売り場の約3〜5倍の売上を達成しているということでしたが、どんなところに成功の要因があったのでしょうか?

毎日ものすごい人数の方が入れ替わるため、種類に飽きられることがないという点。24時間いつでも利用できるため、長い待ち時間に空港のお店が閉まってからの深夜でもゆっくり楽しんでもらえるなどいくつか存在します。

もう1つ成功した大きな要因として、「JAPANESE CAPSULE TOY GACHA」という ブランドを作り、パッケージ化したという点があります。

このプロジェクトに関わった電通テックの担当者は、「海外の方は、ガチャのことを子供用のチープトイという印象を持たれいるが、日本のガチャは大人向けの商品もある。なので海外の大人の方にも楽しんでもらうために、デザイン全体を大人向けに設計した。」と述べています。

ただデザインとして流されそうなこのパッケージの部分にも、背景にこのような狙いがあると分かると、また見え方が変わってくると思います。

今回取り上げたタカラトミーアーツの例では、外国人旅行客をターゲットとした新しい展開。さらにただ置くのではなく、「ブランド化」することで子供だけでなく大人にも焦点を当て、1つだけではなく幾多もの要因が加わり成功に至ったということで非常に学べるポイントがたくさんありました。

皆さんも次に空港を訪れる際には、ぜひガチャガチャ売り場へ足を運んでみてください!

【参加文献】

タカラトミーアーツ公式ホームページ→http://www.takaratomy-arts.co.jp/specials/jctgacha/

電通テック メディア「Bae」http://bae.dentsutec.co.jp/articles/gacha-01/

@cosme storeから考えるマーケティング

こんにちは。3年の福田です。

先日、新宿にある化粧品専門店@cosme storeを利用し、ほかのコスメショップと少し違う特徴に興味を持ちました。そこで今回は、@cosmeのサービスを通して、ソーシャルメディア・マーケティングについて考えてみました。

まず、@cosmeとは、コスメ情報専用サイトです。ユーザーは化粧品の口コミを書き込んだり、口コミを見て商品の効果や使用感を確認し、購入を検討したりできます。月間1,500万人が利用しており、14,000,000件以上の口コミが掲載されています。圧倒的な情報量とバリエーションの豊かさで、コスメや美容に関する情報に敏感でアクティブな女性たちに広く支持されています。実際にサイトを見ると、大量の口コミから年代別、肌質別、成分別などの条件別のランキングを見ることや、スキンケア、ベースメイクなど部門ごとのタグから化粧品を検索することができました。

次に、@cosme storeとは@cosmeがプロデュースしたコスメショップで、@cosmeの口コミランキングを反映した売り場作りが特徴です。お店はサイトの口コミやランキングから売れ筋を知ることができ、効率的な販売や陳列ができるという仕組みになっています。一般的なコスメショップでは、ブランドの取り扱い種類は限られています。また、化粧品1つ買うのにもいくつかのブランドを比較し、違いを見つけて購入の選択をすることは難しいうえに面倒です。しかし、@cosme storeに訪れる消費者はネットの情報を基にさまざまな商品を試すことができるほか、複数の化粧品販売店を歩きまわったのと同じだけの商品や情報を手に入れられます。@cosmeで口コミから欲しいコスメを見つけ、実際に@cosme storeで購入することができ、とても便利です。

これらの情報を踏まえて、ソーシャルメディア・マーケティングの面から分析してみました。@cosmeのサイト自体は、顧客を知り、伝えるという段階にとどまりますが、@cosme storeとして実際に店舗を持ち、消費者の選好やレビューをもとに店づくりをすることで、顧客と繋がり、共に創るという次の段階に進むことができるのではないでしょうか。この方法は、文房具などの分野にも応用できるように思いました。

ソーシャルメディアで人々が発信しているテキストや画像情報を大量に集め、それを基に分析していくソーシャルリスニングや、口コミに頼る宣伝方法はそれほど珍しくなくなってきたと思います。今後は消費者と共創していくことが重要になっていくのではないのかと感じました。

参考文献

  • http://www.cosme.net/
  • http://cosmestore.net/about/
  • http://epiand.net/552/
  • 水越康介(2018)『ソーシャルメディア・マーケティング』 日本経済新聞出版社

ダッフィーのぬいぐるみ

こんばんは。3年の丹羽です。今日は僕の従姉妹や母が大好きなディズニーのキャラクター、ダッフィーのぬいぐるみの価格設定について、少し考えてみます。

ダッフィーのグッズとして主なものはぬいぐるみです。価格設定はSサイズ(高さ30センチ)が3900円、Mサイズ(高さ50センチ)11000円、Lサイズ(高さ65センチ)が52000円です。これを見ると、比較的Sサイズが安く設定されている事がわかります。ちなみに、他のおみやげで3900円の物を探すとキャップ(帽子)がありました。帽子1つと同じ価格設定という所も個人的には少し安く感じました。

このように1番安い値段となっているSサイズのぬいぐるみですが、買われたあとに利益を出すシステムが準備されていました。それが着せ替え衣装です。この着せ替え衣装は季節ごとに限定品が出るようになっており、一式合わせて3900から4900円です。つまり、ぬいぐるみ本体と同じかそれ以上の値段を付けられているということです。衣装を着せかえることでオリジナルのダッフィーを作ることができ、持っている人の個性を出すことができます。ちなみに、こだわる人になると、型紙から作る人もいるようです。このように、セットで使う本体を割安に、付属品を少し高めに設定して売り込む価格戦略を「キャプティブ価格戦略」といいます。

もうひとつ面白いと感じたのは、ダッフィーのウェブページに「フォトスポット」の位置や、そこでの写真をアップするTwitterアカウントのリンクが貼られていることです。新商品の衣装を着たダッフィーの写真や可愛く撮影できるアングル等を実際に見せることで購買につなげようという狙いがあるのかもしれません。実際にパーク内では、フォトスポットで衣装を着せて撮影する人や、そのスポット以外でも可愛く取れるところを見つけ、撮影する人を見かけます。こうした人達が衣装を着せた写真をアップすると更にそれに刺激を受けて衣装を買う人もいるのかも知れません。

ただ、キャプティブ価格戦略の典型例であるプリンターとインクのように、必ずしも付属品が必要になる、というタイプのものでは無いので、これからはどのように衣装を買って貰えるように説得するかが問題になりそうです。

参考

Duffy&Friends グッズページ (http://www.tokyodisneyresort.jp/special/duffy/goods/)

ダッフィー ツイッターアカウント(https://twitter.com/WithDuffy_TDS)

ダッフィー フォトポイント(http://www.tokyodisneyresort.jp/special/duffy/photopoint/)

Nintendo LABO

こんにちは。大橋です。今回私は2018年4月20日に発売されたニンテンドーラボについて取り上げ、ニンテンドーラボのマーケティング戦略を分析したいと思います。

Nintendo LABOとは任天堂が2017年3月3日に発売したNintendo Switchというハードとダンボールを組み合わることでプレイできるハイブリット型ゲームのことを言います。具体的にはラボに同封されたダンボールを組み立てスイッチのコントローラーのボタンやセンサーなどと連携させて遊ぶ仕組みでできています。ライバル機器の「Playstation VR」のように今のゲーム業界では新たな映像技術を用いたハイテクなゲーム機が主流になっている中で、ダンボールとゲームを組み合わせたアナログのようなニンテンドーラボは斬新でイレギュラーなゲームとなっています。

ニンテンドーラボの面白いところはプレイするためにはニンテンドースイッチが必要となり、ラボで遊びたければ必然的にスイッチを買わなくてはならないところです。このニンテンドースイッチのソフトはニンテンドーの過去のヒット作の最新版であり昔からのニンテンドーファンの購買意欲を高め1000万台のヒットとなりましたがスイッチを買ってくれる消費者数にも限界があり何か新たな商品を開発しなければならないというときにラボがつくられました。ニンテンドーラボができたことで売り上げが伸び悩んでいたスイッチの人気が再び高まったのです。

ラボのもうひとつ面白いところはゲーム機器にもかかわらず「教育に良い」ことをアピールしているところです。今までゲームというと勉強の敵とされ子供にすすめたくない遊びとして親からの評価が低くなってしまっていたが、このラボはむしろ勉強になるおもちゃとして親からの反応もよい。ニンテンドーはラボを通してビジネス拡大の障壁となるターゲットを取り込んだり味方にしたことで成功をおさめました。

つまりニンテンドーラボのターゲットは親と子の二世代に置かれ親子ともに楽しめる商品にしたことで親の購買意欲を湧かせていると考えらえます。

またニンテンドーラボが教育によいと言われるのは商品の特徴からくるのですが、最大のポイントとしてダンボールを使って工作のようにピアノや釣竿やバイクを組み立て、ニンテンドースイッチと合体させると演奏したりフィッシングしたりバイクレースしたりと実際に体感しながらいろいろ遊べるようになるところです。さらに自分で組み立てることでものの仕組みがわかったり教養が深まる要素が盛り込まれています。

作って楽しい、遊んで楽しい、学んで楽しい、という3つの楽しいが一度に味わえるニンテンドーラボはかなり可能性を秘めており、消耗品のゲームではなくなるかもしれません。

今までになかった新しい形のゲーム機がゲーム業界に革命を起こしているようです。

こどもの好奇心をくすぐるような仕組みになっているが魅力のラボは今後のゲーム機の可能性を広めたと同時に任天堂の新たなビジネスを開くこととなったようです。

参考URL:https://www.nintendo.co.jp/labo/

http://biz-journal.jp/2018/04/post_23060.html

西武鉄道×JINS

こんにちは!3年の小林です。

今回はメガネと電車の異色の組み合わせから生まれた商品について取り上げたいと思います。

メガネメーカーJINSは西武鉄道株式会社と「西武鉄道×JINS」として西武鉄道40000系とコラボレーションしたメガネを6/4から6/11の期間限定で販売することを決定しました。

このメガネは、実際に電車の窓枠の型抜きした時に生じるアルミの端材をフロント部分用に加工、再利用しており、見た目よりも軽く、普段から使用できるデザインになっています。タイプはナイロール(フロントの下部分にフレームがないもの)とサーモント(フレームがあるもの)の2種類あり、価格はどちらも18000円(税抜)で販売されます。

このシリーズは、「鉄道ファンに、より日常的に鉄道を感じてもらいたい」というコンセプトのもと、2015年9月に初めて「電車の素材から生まれたアイウエアシリーズ」を発売したことから始まり、今回が第三弾。
毎回数量限定で販売され、メガネにはシリアルナンバーや電車のロゴなどもプリントされているため、その希少価値を求めて鉄道ファンが殺到し、第一弾、第二弾ともに即完売したそう。

また販売に先駆けて、鉄道のファンの集まる大きなイベントにJINSが出店し、試作品の展示をしたり先行販売をしたりすることで販売促進も行なっている。

今回の西武鉄道とのコラボも鉄道ファンの間では話題になっているようで、売り切れ必至の商品になるのではないでしょうか。

参考文献
JINS公式サイトhttps://www.jins.com/jp/st/seibu/

炭酸水市場はどこまで拡大するのか。

こんにちは3年の藤岡です。梅雨入りを前に暑くなった今、炭酸水を飲みたくなっている人は多いのではないでしょうか??

今回私は市場拡大を続ける炭酸水市場について考察してみようと思います!!
炭酸水は欧米諸国では食事中に飲まれるなど生活の一部になっているのです。


現在爆発的に売り上げを伸ばしている炭酸水市場ですが、それらの根本にはダイエット志向の向上や美容目的などで炭酸水の注目度が上がったことにあると思います。
その中でも売り上げを常に引っ張っているのが「ウィルキンソン タンサン」です。この会社は10年連続売り上げを更新しており2008年の10倍まで膨れ上がっています。元はビンでハイボールの割り材として販売されていましたが、2011年ペットボトル業界に参入、セブンイレブンのPBの生産などで人目につくマーケティングを実施し売り上げを爆発的に伸ばしてきました。健康志向の増加に伴い「無糖」炭酸が人気になってきたのです。


近年では日本コカ・コーラが「カナダドライ」ブランドで参戦。サントリー食品インターナショナルも強炭酸商品「南アルプススパークリング」で本格的に市場開拓を目指しました。競争激化により、市場が活性化し、需要がさらに拡大しています。

さらに自宅で作れるように炭酸水メーカーも販売されており全盛期といっても過言ではない状況が起きています。

加熱する炭酸水市場。コンビニなどでは多くの場所を炭酸水やフレーバーつきの飲料が増えてきています。今後もフレーバー変更や健康志向にあわせ「無糖」はピンポイントではまっている気がします。更なる成長の余地はまだまだあると思います!