oasisを聴く

先日、海谷さんたちと亀戸で三百円の絶品刺身を食べていて、音楽話になりました。昔どんな洋楽を聴いてました?といわれて、あーoasisとかよく聴いてましたね。となった次第です。懐かしい懐かしい。

その後家に帰ってyoutubeで検索しますと、ちょうど新曲Better Daysがアップロードされていて(oasisは活動中止していますので、弟の方のやつ)、そこでも懐かしいなと思いつつ、曲の中でなんとか・・rainというところが聞き取れて、昔のイメージと重なり、あれと思うところがありました。(マラカスがかわいい。タンバリンもいいけど。)

Liam Gallagher Better Days

rainの歌詞の部分を探すと、こんな感じ。
And the sadness washed away by the rain 悲しみは雨で洗い流されるよ
I’ll meet you there in the rain 雨の中で僕は君に出会うよ

ニュアンスはよくわかりますね。曲調も全体的に明るめな感じですが、rainと聞いて思い出したのはLive forever(maybeのやつ)でした。あれも雨の一節があるなーと。改めて探してみると、こちらはこんな感じ。
Lately, did you ever feel the pain in the morning rain as it soaks you to the bone ?
最近、君は痛みを感じたことはあるか。朝の雨の中、骨にまで染み込むような痛みを。

曲調自体は必ずしも暗いわけではないのですが、なんか雨が重くて辛い。今でも寒い日に雨に濡れたりすると、この曲を思い出したりしてしまうわけですね。個人的には、寒さの痛みが骨に染みる感じです。

rainのイメージが、随分違うなと思ったわけでした。Live foreverから25年!経っていますね、お互いに年は取るものです。。。マイケルシェンカーとかオジーオズボーンとか、もはや一体いつのこと的な。。。


2022年05月08日 | Posted in エッセイ | | No Comments » 

関連記事