点字ブロックを作った人は?

三宅精一 wikipedia

いつもながら、うちの子が夏休みの課題をしていまして、「優しい社会の活動を探そう」的なテーマを探しておりました。テーマを探すだけではなく、自分で調べてまとめねばならないということで、ここはインターネットで検索するという今風な作業もあれこれ。

とはいえ既にテーマは決まっていたようで、「点字ブロック」と「多国語放送」。どうやって選んだのかはわかりませんが、詳細を調べるためにインターネットを使いたいというので、はいはい検索してみたらというと、なにやらさっそく歴史のサイトを発見した模様。いきなりその歴史を書き写しはじめまして、ちょーまてまて、ということになりました。

インターネットで見つけた情報は、まずは真偽を確認しましょう。変なものもあるよというと、このサイトはなんとか協会のものか、なんとか法人のものだよという。・・・わからん。怪しい感じもするよ。他のサイトも調べてみたほうがいいのでは?

と言っても全然お構いなしにガンガン書き写しているので、じゃなんて書いてあるのと聞くと、「三宅さんが発明したんだって」という。三宅さん?日本人?そうなの?そうなんですか?・・・いよいよ怪しくないか。

ちょっと待って、こっちのパソコンでも確認するからといって点字ブロックで検索すると、あ・・・そうなんですね。点字ブロックは、確かに三宅精一さんが1965年に発明したとありました。あれ、日本発だったのですね。思い込みとは怖いもので、てっきり昔から海外で使われていたものだと思っていました。

三宅さんは岡山生まれ、1965年に点字ブロックを発明し、その後苦労して国内で普及が進むようになった。今日では、海外でも使われるようにもなっている。すごい。


点字ブロックについて

How Japanese Inventor of Tenji Blocks Changed the Lives of Millions Around the World


真偽を確認しましょう。ネットに限らず、自身の知識につきまして。と思った今日この頃でした。ちなみにうちの子は、ここから「日本すごくない?」とか言いはじめたので、これはこれ、それはそれと。。。安易な一般化はこれまた問題です(一矢報いたか)。

 

 


2020年08月07日 | Posted in エッセイ | | No Comments » 

関連記事