ダントツな『タイムズカーシェア』

みなさんこんにちは!3年の伊藤です。
突然ですが、みなさんは「カーシェアリング」(以下カーシェア)を利用したことがありますか? 私はちょうど一年ほど前に車の免許を取った際、すぐにカーシェアを使い始めました。そこで今回はカーシェアについて調べたいと思います。

まずカーシェアとは、「一般に登録を行った会員間で特定の自動車を共同使用するサービスないしはシステムのこと」をさします。もう少し詳しく概要を理解するために、私が利用しているパーク24グループ 『タイムズ24』のカーシェアについて説明します。使い方は簡単で、会員登録をしたのちに、パソコンやスマホで予約し、その車に会員カードをかざすとドアが開錠し、利用できます。料金は基本的に月額基本料金+15分単位の利用料金となっています。ステーションはタイムズのパーキングやマンションの駐車場など比較的利用しやすい場所にあります。

レンタカーとの大きな違いは以下のものがあげられます。
・24時間利用可能(ほぼ無人のため)
・予約後すぐ使える
・ガソリン代がかからない
・15分単位で利用可能
このようにカーシェアはレンタカーよりも便利で安価といえます。

 

次に、そんなカーシェアの主要6社を比較していきたいと思います。主要6社はタイムズカーシェア、オリックスカーシェア、カレコ、カリテコ、アース・カー、ホンダエブリゴーです。

まず価格です。カーシェアでは月額料金、時間料金、距離料金などの組み合わせで料金が決まります。また、月額料金には個人プラン、法人プラン、学生プランなどがあり、料金が異なっています。そのため、料金の面で、消費者が各社を比較するのは難しく、一概に「ここが安い」とはいえない状況です。

ステーション数については、1位がタイムズカーシェアで約11000か所、2位がカレコで約2100か所、3位がオリックスカーシェアで約1800か所となっています。
車両台数についても、ステーション数と同順位で、上から約240000台、約3500台、約3000台となります。

 

(右上ステーション数推移、右下車両台数推移、カーシェアの情報比較サイト「カーシェアリング比較360°」より)

 

また会員数においても、タイムズカーシェアが圧倒的に多く、総合的に業界1位だと言えます。
消費者としては、価格の比較が難しい状況では、ステーション数が多く利便性が高いタイムズを利用したいと思うのが当然だと思います。

業界のリーダーに位置するタイムズカーシェアですが、日本で最初にカーシェアサービスを始めたのはオリックスカーシェアでした。当時はこのサービスが普及することはありませんでしたが、コインパーキングを運営している「パーク24」が2009年に参入し、日本でカーシェアが普及するようになりました。タイムズカーシェアが後発ながらも、先発のオリックスカーシェアに大差をつけてリーダーになれた要因の一つとして、シナジー効果があると考えます。
パーク24はコインパーキング市場で「タイムズ24」というブランドを展開し、順調に業績を伸ばし、業界1位のシェアを誇っています。そのため、既存の経営資源である多くの駐車場をステーションとして利用することができ、比較的容易に多くのステーションを持つことができています。それが利便性に繋がり、後発ながらも1位のシェアを獲得することにつながったと考えます。

また成長マトリクスを用いて考えると、既存市場・新製品の「製品開発」であると考えます。自動車を利用する人という既存市場と、カーシェアという新製品です。パーク24はシナジー効果を上手く利用し、成長マトリクスでいう「製品開発」で成長した、成功事例であると考えます。

余談ですが、私はタイムズカーシェアの学生プランを利用しています。学生プランは月額基本利用料金が無料なので、お得に利用できています。大学生は友達とのドライブなど意外と利用することが多く(みなさんはどうでしょうか?)、この「学割」はとても有効な施策なのではないかと考えます。マーケティングにおける「学割」についてはもっと深く掘り下げることのできるテーマだと思います。

最近、シェアリングエコノミーが注目され、普及しつつあります。今後のカーシェアの展開だけでなく、シェアリングエコノミーにおけるマーケティングの発展もとても興味深く、楽しみです。

〈参考URL〉
https://ja.wikipedia.org/wiki/カーシェアリング
https://share.timescar.jp/tcp_guide/join.html
https://www.carsharing360.com/special/market/1901.html
https://gyokai-search.com/3-parking.html
https://カーシェアリングの比較.net/carsharing-hikakuhyou.html

「カーシェア」って何?人気の理由とその仕組み、広まった背景・歴史を解説


https://share.timescar.jp/use/return.html

 

出前館 梅雨はしんどい

こんにちは、佐藤です🙆‍♂️
今日は僕や浅井君がバイトしている出前館についてお話ししようと思います!

デリバリーサービスで有名な出前館!
と、もう一つ有名なのが新興勢力Uber Eats
この二つを比較していきたいと思います


大きな違いは、ウーバーイーツは専用の配達員のみの配達で、出前館は専用の配達員が配達したり、店舗ごとの配達員が配達したりすることです。

まず気になるのが値段と配達にかかる時間ですよね!

「値段について」
メニューと価格にはあまり違いがないことがわかりました。
しかし、大きく異なるのは送料でした。
出前館は店舗ごとの配達の場合は店舗ごとに異なり、専用の配達員の場合は基本300円です。ウーバーは距離別に110-420円となっています。また、出前館の店舗ごとの配達だと、最低料金が決まっていることが多く、一人で注文するには少し割高になってしまうことがあるようで、値段でいうとウーバーに軍配があがるかなと思います。

「時間について」
配達時間は、平均的にウーバーイーツの方が早い結果が出ています。
13分でお届け、みたいな結果もあったので相当はやいと感じました。
配達時間でもウーバーに軍配があがりましたね。

ここまで、気になる二つの点で出前館は良いところがないですが、なぜ出前館はデリバリーサービスで確固たるポジションを気づいているか、僕なりに考えてみました。

と調べてみたところ、ウーバーはまだ配達地域が都市部にしかないことがわかりました。出前館は北海道から沖縄まで全国に対応しているので、そりゃまだ出前館は強いかなと思うんですが、進めます。

まず出前館は現金決済が可能です。
ウーバーイーツはクレジット-デビットなど限定で嫌がる人もいるのかなと思います。
また、出前館はクーポンを配布していたりするので、同じ場所で同じ店に注文しようとしても、出前館だけポテトが付いてくる🍟みたいなことがあったりします。
また、出前館はTポイントと提携しておて、どんどんどんどんポイントがたまっていきます!
と、出前館のいいところもたくさんあるのですが、僕的には値段と配達時間はおおきいと思うので、これから可能なのかは分かりませんが、ウーバーイーツが全国に広がっていったら僕のバイトはどうなっちゃうのだろう、と思います。

今後のデリバリーサービス市場にも期待ですね!みなさんも、出前館、利用しましょう!

ライザップのピンチ

こんにちは。石田です。
「結果にコミット」でおなじみのライザップが今ピンチを迎えています。2019年3月期の営業利益は、前年度から約211億円マイナスの93億円の赤字であると発表しました。ライザップの主軸事業であるヘルスケア・スポーツジムは好調だったのですが、ここ2~3年でコミットしすぎたM&Aによって子会社化した事業がことごとく赤字を計上したのです。
ということで、今回はライザップがM&Aで失敗した原因を考察していきたいと思います。

ライザップがM&Aで買収・合併してきた企業は多種多様です。本業の美容・ヘルスケア事業を始め、アパレルや建築、出版社などありとあらゆる事業の、特に業績が芳しくない会社に手を伸ばしてきました。その数は2016年3月からおよそ2年半で60社増の85社にまでのぼります。
では、なぜライザップはこんなにも急激なM&Aを繰り返したのでしょうか。様々な理由があげられますが、主な目的は「負ののれん」(企業の時価総額よりも安い値段で企業を買収すること)でしょう。これにより、その差額分を営業利益として計上することができ、短期間で成長することができます。事実、2018年の営業利益の136億円のうち、74億円が「負ののれん」による利益でした。

これらの子会社の悪化した経営を立て直して黒字化することで、その利益をそのまま享受する予定でしたが、企業数が多いことがあだとなり、テコ入れが追い付かず、昨期のような赤字を計上する結果になってしまったのです。

失敗の原因として考えられるのは、M&Aにおける見通しが立っていないまま、実行に移してしまったことが挙げられます。「負ののれん」のほかに、多角化による分散型の企業成長を意図していた可能性もありますが、それを実現するには「目的」や「M&Aの必要性」「成功の可能性」などの多くの課題を多角的に分析する必要があります。ライザップはこれらの見通しが立たないまま行動に移したために多額に赤字を計上してしまう結果となってしまったのだと考えます。

 これから、ライザップがどうなっていくのか注目していきたいと思います。

日本初!無印ホテルって?

こんにちは。3年の浅井です。

先日テレビを観ていると、無印良品のホテルが銀座にオープンしたと紹介していました。無印良品は引っ越しの時に新生活で使う小物を揃えたり、旅行へ持っていくアメニティが欲しい時に利用しています。シンプルなデザインの商品はもちろん、店の雰囲気も好きなので特に買うものがなくても立ち寄ったりもします。観ていたテレビでは、そんな無印良品の商品や雰囲気を存分に生かしたホテルを紹介していました。とても興味深い内容だったので、調べてみることにしました。

日本初の無印良品ホテルである「MUJI HOTEL GINZA」は世界で3店舗目のホテルとして今年4月にオープンした。銀座駅から徒歩3分という好立地にも関わらず意外にリーズナブルで、さらに宿泊料金が365日変動しないというのが特徴です。

「無印 ホテル」の画像検索結果

「無印 ホテル」の画像検索結果

コンセプトである「アンチゴージャス、アンチチープ」の通り、ロビーと客室はシンプルで清潔感のあるつくり。無印良品の店舗と同じく落ち着いた雰囲気で、木の素材を多く使っています。アメニティや備品はもちろんほとんどが無印良品の商品です。一番安い部屋で一泊1万4000円から利用可能です。ロビーがある階にはコーヒーやお酒を楽しむことのできるバーやものづくりやデザインにまつわる展示のあるギャラリー、デザインやアートの書籍を揃えた図書館など、チェックインまで時間のある利用客などを退屈させない施設があります。

このホテル、実は6階がロビーとなっており、客室は7階から10階までとなっています。1階から5階までは無印良品のショップとなっているのです。客室のアメニティや備品として置いてある商品も販売しています。「無印 銀座」の画像検索結果

銀座という好立地で宿泊費が比較的安く、かつ変動しないというのは東京に訪れた国内外の観光客にとってかなり魅力的なのではないでしょうか。さらに、無印良品の雰囲気に宿泊客を引き込むことで、併設されているショップの利用者はもちろん、普段の生活でも無印良品を利用したくなる人を増やすこともできると思いました。

無印良品の世界観に浸れるこのホテル、機会があればぜひ利用してみたいです。

参考 https://hotel.muji.com/ginza/ja/

https://www.travel.co.jp/guide/article/37695/

仏壇から飲食!?

こんにちは!3年の村岡です。           皆さん一度はこちらのCMを見たことはあるのではないでしょうか?

「おててのしわとしわ合わせて幸せ、お仏壇のはせがわ〜♪」のフレーズで有名な仏壇・仏具業界の大手企業である「はせがわ」ですが、なんとこのはせがわが今月の上旬をメドに、飲食業界に新規参入することになりました。今月の14日、東京都目黒区の自由が丘に新店「田ノ実」の出店を計画しているとのことです。こちらでは、30席の飲食スペースで米や旬の野菜を使ったメニューを提供したり、加工食品や地域の特産品、雑貨などの販売も行っていくとのことです。はせがわは1990年代にも飲食事業を手掛けることで多角化を目指した時期もあったが、2000年前後に撤廃し、再び本業に専念した。

今回、はせがわが飲食事業を始めた理由としては、昨今の仏壇、仏具関連市場の中長期的な縮小による収益の減少が考えられる。仏壇、仏具市場の動向としては、近年の生活様式の変化により、小さく、簡素なものの需要が高まっており、商品の単価は辛く傾向にある。売上高を2014年には役216億円であったが、2019年には約190億円にまで落ちこんだ。そこで飲食サービスを新規事業の一環として、開始したのではないかと考えられる。はせがわは祈りや供養のときに手を合わせる行為に基づいた「心豊かな日本の生活文化」の発信をコンセプトに本業ではなかなか獲得額難しい若年層の開拓を目指している。

今までさまざまな新規参入の例を見てきたが、ここまで方向性の違いを感じる新規参入は初めて見たしどのような戦略のもと行っていくのかが非常に気になった。

 

牛丼3社の戦略

こんにちは!3年の横田です。

突然ですが皆さんは、どこの牛丼屋さんが好きですか?

有名な牛丼チェーン店として挙がるのは、松屋・吉野家・すき家の3つだと思いますが、私は特にこだわりはありません!

でも3つのお店とも繁盛しているのは、何かそれぞれに特徴があるのだと思い、今回はその3つの牛丼屋さんについて調べてみました。

牛丼の値上げが報道されていた時期もあり、価格競争に走りかけていたこともありましたが、現在は牛丼並盛の価格は、松屋が320円、すき家が350円、吉野家が380円と3社とも300円台に乗っています。

現在は価格競争だけではない、それぞれの特徴・強みを生かした戦略を行っているようです。

まずは、いち早く牛丼チェーンというものを確立していた吉野家から。吉野家は、3社の中で最も牛丼並盛の価格が高く、その分、美味しさを追求しています。原材料も国産牛肉にこだわっており、ホームページにも味へのこだわりについて書かれているページがあり、安い・早いだけではなく美味しさへの強いこだわりがあることが分かります。都心のサラリーマンや独身男性が主なターゲットで、現在は創業120周年を記念して「#オレの吉野家」というハッシュタグをつけるTwitterを利用した取り組みを行っているようです。”オレの”というくらいですから、メインターゲットが男性なのは明確ですね。

肉へのこだわり

 

続いて、これとは対照的なすき家。すき家といえば、牛丼の上に色々トッピングでき、他の店にはない牛丼メニューの多さが特徴です。海鮮丼やお子様メニュー、さらにはスイーツなども提供しており、男の食べ物という牛丼のイメージを覆した、ファミリー層や女性客をターゲットにした戦略をとっています。クレヨンしんちゃんやドラえもんなどの有名アニメのおもちゃをおまけとしてつけたり、テレビCMも子供連れの家族を再現しているイメージが強く、吉野家とは全然違ったターゲットのようです。店舗が郊外に多かったり、ドライブスルーをいち早く取り入れていたというのも、ターゲットのことを考えたら理解できます。

すきすきセット クレヨンしんちゃん トロッコカー

 

最後は、南大沢にもある松屋です。松屋は、牛丼以外の定食が人気で、サービスで味噌汁がついてくるのも大きな特徴です。ホームページを開いたときに、最初に出てきたのは牛丼の広告ではなく、定食メニューのモバイルクーポンでした。人気のある定食メニューを手ごろな値段で提供し、ただの牛丼屋にとどまらない安い定食屋としての位置づけを確立しつつある点で、他社との差別化がなされているように思います。カルビ増量キャンペーン

 

牛丼屋といっても、3社それぞれに特徴があり、異なった戦略を行っているんだなと思いました。三者三様の牛丼業界で、次はどのようなメニューが出てくるのか楽しみです。

 

参考サイト:https://www.sukiya.jp/ 

https://www.yoshinoya.com/

https://www.matsuyafoods.co.jp/

巷に溢れる誇大広告

こんにちは!3年の鈴木です。皆さんは誇大広告という言葉を知っていますか?誇大広告とは、「商品やサービスの内容・価格などが、実際のものより優良または有利であると消費者に誤認させるように表示した広告。」のことです。

先日テレビで「このダイエット食品のおかげで2週間で15kg痩せました!」という内容のCMを目にしました。これは誇大広告でしょうか?

誇大広告は薬事法や景品表示法によって規制されていますが、今回は景品表示法を中心に扱います。その内容は大きく3つに分けられます。1つ目は優良誤認表示です。景品表示法では、具体的には、実際よりも商品やサービスが優良であると誤認させるような「優良誤認表示」が禁止されます。次に有利誤認表示です。これは、実際よりもその取引が有利であると誤認させるような内容の広告のことです。最後にその他誤認されるおそれのある表示です。これは、特に誤認のおそれや消費者に与える影響があると考えられる広告内容について、内閣総理大臣(消費者庁)によって特に指定されている広告規制のことです。

実際に景品表示法で摘発された例として楽天がセール価格と偽って特定の価格で商品を販売していたことや、ファミリーマートが国産鶏肉使用としていた商品に本当はブラジル産の鶏肉が使用されていたことなどがあります。

ネットなどはさらに深刻で広告主のサイトに誘導する為に悪質な広告を掲載しているサイトもあります。企業が誇大広告を利用する背景には、悪評も評なりといった考え方もあるのではないかと思います。景品表示法で規制されている誇大広告ですが、現状では様々な場所で目にすることがあります。この問題の解決には企業だけでなく、行政や消費者も一緒になって取り組むべきではないでしょうか。

大手企業も摘発!?景品表示法違反事例10選と罰則・罰金


https://www.google.co.jp/amp/s/webtan.impress.co.jp/e/2014/05/13/17405%3famp